浮かしかけアイロンのかけ方

機械で生地に凹凸を付けてそのかたちを保つ「しわ加工」とは異なり、絹生地に施した絞り染めは、雨、汗などの水分に弱く、一端絞りが伸びてしまうと、残念ながら完全には元のかたちに戻すことができません。ですが、それにごく近いようには戻せます。ご家庭で!簡単に!

それがスチームアイロンの発熱面を生地から、少し浮かした状態でスチームだけを生地に当てる「浮かしかけアイロン」です。ここでは画像に添って、簡単にその方法をご説明します。

伸びてしまっても、染めの味わいはお楽しみ頂けますが、絞りの凹凸を残したいと思われる方は、なるべく早期に下記の方法をお試しくださいませ。

絞りの伸びの程度、原因、状態は千差万別であり、ここでご紹介する「浮かしかけアイロン」で全ての伸びが回復することを保証するものではありません。

1.

iron1_1

ダイナミックな唄絞りのスカーフ。
肩にかけて愛用していたら、いつの間にか汗と雨で、その部分だけが伸びてしまいました。
すぐにスチームアイロンと、アイロン台、そして乾いたボディタオルを出してきて下さい。

2.

iron1_2

ボディタオルを下敷きに(スカーフの下からも蒸気があたるように)アイロン台の長い方の辺にボディタオルを二つ折りにして置き、その上に伸びてしまったスカーフを置きます。
これで上からの浮かしがけアイロンの蒸気がタオルに含まれ、下からも蒸気が生地に伝わります。

3.

iron1_3

絞りを本来のつんつんした形に整える。ここが一番重要です。広がってしまった箇所の絞りつぶを、指で本来のつんつんしたツノ状態に戻るようひとつぶひとつぶを、そっとつまみ寄せていきます。

4.

iron1_4

浮かしがけの始まり
アイロンの温度設定は、絹ですので温度設定は「高」です。
注水してアイロンがしっかり暖まったら、絶えず3. の作業を繰り返しながら、丁寧に丁寧に、浮かしがけして行きます。アイロン面をスカーフ面(ツノのてっぺん)からおよそ、1cmくらい浮かせて、生地に蒸気だけをあてて行きます。

つまんで 整えて 蒸気をあてる。
つまんで 整えて 蒸気をあてる。 この繰り返しです。

火傷とスチーム穴からの湯滴のもれには、充分注意して下さい。

5.

iron1_5 iron1_6 iron1_7 iron1_8 iron1_9

ゆっくり、じっくりと蒸気をかけましょう
一回かけて元に戻らなければ、少し他の部分をかけてからまた戻って、絞りの様子を見ながらかけていきます。
決して焦ってはいけません。はじめは無意味に思えるこの作業で徐々に、絞りのツノがよみがえって来ました。

火傷とスチーム穴からの湯滴のもれには、充分注意してください。

慣れない方は他の絹生地で試してから、あてられることをおすすめします。

6.

iron1_10 iron1_11

完成!
アイロンのスイッチを切って、さあ、おでかけです。

7.

iron1_12

おでかけからお帰りの後は、不織布などでスカーフをくるんで、できるだけコンパクトな形で保管してください。