「片山文三郎商店」について

絞り染め製品の専門店

logo_yoko

着て!感じて!
美しくも芸術的な「纏う芸術」=Wearable Artを提案します。

kt_01

伝統の絞り染めを用い、ユニークなフォルムと風合いで、どこにもないファッション製品を提案します。

片山文三郎商店は、京都の地で大正時代から続く絞り屋で1915年(大正4年)、片山文三郎が京都独自の「京鹿の子絞り」を専門に、高級絞り呉服製造業を創業しました。
明治生まれの職人気質で絞呉服の製作、技術開発の向上に努めたことがはじまりです。

ks_space_054

着物は、華美でなく抑えた美しさこそが着る人を引き立てることを知っていた文三郎の生み出す絞り呉服は、柄が少なく、当時としては極めてシンプルでシック、時代を少しだけ先取りしていたのでしょう「絞りの片山文三郎商店」として、次第に発展しました。

「勝って兜の緒を締めよ」とは、片山文三郎がよく口にした言葉でした。
従業員端々に至るまで、誠実で、決して奢ることのない日々の精進と努力が片山文三郎商店の理念として現在まで脈々と受け継がれています。

kt_space_097

日本において古くから伝わり、そして京都の地に守られ、決して衰えることなく後世に伝承される職人の手わざを用い、千余年の歴史に培われた京鹿の子絞り。

1991年、やわらかな藍染の麻生地をガラスに挟み込み「藍夢」と言うお皿が完成し高い評価を頂きました。極端な材質の違いが美しい。と感じた気持ちは、「なんとかして、売れるものを作らねば!」ではありませんでした。
慣習や常識にとらわれることなく、まず、製作者自身が「美しく 心地よい」と感じるものが、結果的に人の心をも動かすことができるのかもしれません。

kt_img_260

21世紀の今、「着物」や「手作業の絞り染」など、過去の民族文化として忘れ去られていきそうになる中で、いよいよ「絞り屋 片山文三郎商店」にしかできないものを創造して行かなくてはなりません。

片山一雄 現社長の座右の銘は「伝統は革新の中にあり」です。
伝統を絞り呉服という形で守り続ける一方で、絞り染めが持つ無限の可能性を現代に伝えたいという強い思いから現代生活に沿う製品を生み出してまいりました。
絞りの凹凸をそのまま生かしたユニークで大胆なフォルムの絞り染め製品は、まさに「ファッションとアートの融合」、「纏う芸術」=Wearable Artです。
整然と続く絞りの凹凸の配列。永遠のような繰り返しが生み出す日本的な様式美は多くの共感を頂き、MoMA(ニューヨーク近代美術館)のカタログに掲載や、プラド美術館(スペイン)での販売など、海外でも高い評価は続いています。

 

kt_img_272

2015年に、片山文三郎商店は創業100周年を迎えます。

お客様に絞り染めの美しさをより身近に感じて頂きたいという想いは強く、着ることの出来るアート、また身に着けた人がアートとなるような Wearable Art(ウェアラブルアート)をテーマに製品開発をすすめています。

片山文三郎が意匠を創意した京都の地で、絞り染めを活かして、皆様の明日を提案し続けて参ります。

kt_space_141


 会社概要

創業 大正4年(1915年)3月3日
代表者 片山一雄
業種 「絞り染め製品」全般の、製造卸・販売。
取り扱い品目 絞り呉服・洋服・スカーフ・アクセサリー・帽子・バッグ・日傘・のれん・絞りあかり、うたた寝マット・座布団など
所属団体 京鹿の子絞振興協同組合

 


沿革

1915年3月3日 片山文三郎が絞呉服製造卸業 創業
1972年 片山文雄が継承。伝統と新しさの融合に心を砕き、家業を推進。
1991年 京都府主催京都府選定<MADE IN KYOTO ベスト デザイン>展において本藍染めガラス器「藍夢」ベスト デザイン大賞(最高位)受賞。新分野進出のきっかけとなる。
1992年 三代目・片山一雄が継承の後、インテリア、洋装分野にも、製品開発を進める。
1993年 訪問着「本座鹿の子絞り 枝梅文様」が、<全国伝統工芸作品展>において、通産省生活産業局長賞 及び 伝統技術賞。
1995年 絞り染めスカーフ第1弾「風のように」開発。
1999年 京友禅きのうきょうあした展(目黒美術館) 出品。
2001年 全国の百貨店でスカーフ・洋装の展示会を展開。
2004年12月1日 本店表の間を改装、アンテナショップ オープン。
2005年 MoMA(The Museum of Modern Art / ニューヨーク近代美術館)Design Store。春カタログに唄絞りネックレス、秋カタログに唄絞りスカーフ掲載。
2006年 メゾン & オブジェ(Maison & Objet in Paris)出品
2007年 三越銀座店 ジャパンエディション内にコーナーオープン。
2009年 京都 祇園店 オープン。
2010年 ジャパンブランド展(ボンマルシェ百貨店 / Le Bon Marché in Paris)出品
2011年 京都本店を改装。フローリングに。三越エトワール出品(Japan ブランドエキシビジョン in Paris)
2014年 メゾン&オブジェ(Maison & Objet in Paris) アンビエンテ(Ambiente in Frankfurt) 出品
2015年 メゾン&オブジェ(Maison & Objet in Paris) アンビエンテ(Ambiente in Frankfurt)  アトリエデザイナーズ(Atelier Designers in New York city)出品
2016年  東京 銀座店 オープン
アトリエデザイナーズ(Atelier Designers in New York city)出品
2017年